{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 086-250-0019 (平日 9:00〜17:30)

ベビーベッドとセットで購入したい|すのこ・マット・布団

ベビーベッドセット

当サイトへのご注文の内、一番多いのは「ハイタイプベッド ツーオープン」なのですが、実は2番目に多いのが「床板すのこ」です。意外に思われる方も多いと思いますが、ベビーベッドとセットでお求めになる方が多いからなんですね。

このブログではこれまで、ベビーベッドについての解説をしてきましたが、あまり周辺グッズについては触れていませんでした。そこで今回、ご注文の多いものから、ベビーベッドとセットで購入していただきたい周辺グッズについてご紹介したいと思います。

床板すのこ

床板すのこ
床板変更オプション(床板すのこタイプ)

すのこ部分に使用するのは「岡山県産ひのき材」。ひのきは湿気に非常に強く、カビなどの菌の発生を抑制する抗菌防虫効果があります。香りも良く、防臭効果もあるなどたくさんの特徴を持つ優れものです。
商品はこちらから

カビ予防

通気性が良いと、冬は若干寒くなる可能性もあります。しかし心配ありません。床板(すのこ)の上に、後ほど紹介するマットレスなどを敷いていただくだけで体温が逃げるのを防ぐことができます。

通気性

赤ちゃんは寝ている間に大量の汗をかきます。特に夏は寝汗びっしょりで、「大丈夫かな?」と心配になるほどです。また、梅雨の時期には、敷き布団に湿気がこもるため、衛生面にも不安です。
その点すのこであれば衛生的で、不快感を感じることもなくなります。通気性がいいということは、暑い時期にも湿気がこもりにくいため、カビ予防にもなります。

メンテナンス

このように便利なすのこですが、木製のため吸湿性が高いので、たまにすのこの水分を抜いてあげると長持ちして衛生的にもおすすめです。方法は、風通しの良い場所での陰干しです。
ふとんのようにお天日干ししたくなりますが、直射日光は強すぎて、木にダメージを与えることもあります。そのため週に1回、数時間程度で十分なので、陰干ししてあげてください。

※ひのきすのこ床板単品でのご注文はお請けできません。また、当社製造以外のベビーベッドにはご使用いただけませんのでご注意下さい。詳しくは商品詳細ページをご確認ください。

防水シーツ

日本製 通気性のある防水シーツ
日本製 通気性のある防水シーツ
商品はこちらから

すのこに続いて人気なのが、この「防水シーツ」です。通気性があるおねしょシーツなので、赤ちゃんのおしりはむれにくいです。

マットやおふとんの上に敷いて、おしっこやうんち、その他の水分を受け止めてくれるのが 防水シーツです。正直、ベビーふとんには防水シーツは必ず必要だと思います。というのも、どうしても赤ちゃんはミルクを吐いてしまったり、よだれを垂らしたりと布団を濡らしてしまうものです。

おふとんやマットは、そう簡単に洗えるものではありません。そのため、防水効果のあるシーツを置いてあげることで、いつも快適な睡眠環境を整えてあげることができるのです。またこの防水シーツは、通気性が高いため蒸れにくいのもうれしいですね。

日本製 通気性のある防水シーツ コンパクトベッド用
日本製 通気性のある防水シーツ コンパクトベッド用

マットと同じく、シーツにも「コンパクトサイズ」をご用意しております。お求めのベビーベッドのサイズに合わせてご利用ください。
商品はこちらから

おふとんセット

ベビーベッドは必要だとしても、ベビー布団って必要なのでしょうか?
ママと同じ布団で寝かせることができれば、なくても構わないものなのでしょうか。

答えは、「絶対に必要」です。なぜなら、赤ちゃんは大人用の布団で寝ると危険だからです。

実際、EPARKのアンケートによれば、 「赤ちゃんにベビーふとんは必要だと思いますか?」 と先輩ママに聞いたところ
「絶対必要!」が24%、 「あったほうがよい」が44%、 合計で約7割を占めました。
具体的な意見としては、
”赤ちゃんの布団は固めで、うつぶせになって窒息してしまことを防ぐようにできているので、必要だと思います。 (1歳の男の子のママ)”
”排泄物や吐き戻しで、布団を何回も汚すので、洗濯しやすいサイズがいいと思います。大人用だと洗濯するときに大変です。 (3歳と小学2年生の男の子のママ)”
というものがありました。 先輩ママならではのリアリティーのある声です。
また別のサイトの調査によれば、
「少なくとも敷布団だけは必要」 という意見もあり、多くの方が産前に用意していました。 参考にしてみてください。

参考/出典:EPARK https://epark.jp/
参考/出典:ブロガー喫茶 https://blogger-kissa.com/

また弊社のお客様の声として、
”赤ちゃん用の小さな布団であれば、簡単に持ち運べるので、お昼寝のときに便利 (2歳と4歳の男の子のママ)”
という意見もありました。

サイズ

ベビー布団で気をつけるべきことは、まずはサイズです。特にベビーベッドとセットで購入する時は、ベビーベッドのサイズに合っているのか、縦横の長さを確認してから購入するようにしましょう。

素材

基本的に綿が多いと思いますが、最近では赤ちゃんの肌にやさしい「オーガニックコットン」を用いているケースもあります。

アドレーベベ 洗える組布団11点セット
アドレーベベ 洗える組布団11点セット

洗濯機でジャブジャブ丸洗いできます。またカバーリングタイプですので、カバーもこまめに洗濯できて、いつも清潔に保てます。
商品はこちらから

ハート&ナチュレ 洗えるオーガニック ミニ布団6点セット
ハート&ナチュレ 洗えるオーガニック ミニ布団6点セット

掛けカバー、肌布団、枕の側生地、フィットシーツはオーガニックコットン(有機栽培綿)を原料とする素材を使っているので、肌の弱いお子様にも安心して使っていただけます。
商品はこちらから

マット

赤ちゃんは寝ている間にたくさん汗をかくので、それだと蒸れたり衛生的にも不安があります。
通気性が高く、汗や水分が乾きやすいベットマットにすることで安眠環境を整えられます。

コンパクトベッド専用マット
コンパクトベッド専用マット

コンパクトベッド(ベッド内寸90×60cm)専用のマット。通気性、弾力性に優れた「アルファCVマット」を使用した赤ちゃんに最適なマットです。 ベビーベッドには、標準タイプの他にコンパクトサイズもあります。そのためマットも、コンパクトベッド専用でピッタリサイズのものをご用意しております。もしコンパクトベッドをご購入の際には、ぜひご検討ください。
商品はこちらから

まとめ

今回は、ベビーベッドとセットで購入されている商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?このようなアイテムは、もちろん最寄りの赤ちゃん用品を売っているお店にも売っていると思います。

ただサイズや機能など十分吟味した商品のみを扱っていますので、よろしければ当サイトから、ベビーベッドとセットでお求めいただくのがおすすめです。ぜひご検討ください。