{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 086-250-0019 (平日 9:00〜17:30)

ベビーベッド、いる・いらない論争に決着!?買う派の論理とは

ベビーベッドの使用風景

弊社はベビーベッドをはじめとした、ベビー用品の製造メーカーです。当サイトでは普段、ベビーベッドやおむつ交換台など、赤ちゃん向けの商品について、メーカーの立場から解説をしています。お陰様で少しずつですが読者も増えてきました。ママさん達のお悩みに、わずかでもお役に立てているのなら、嬉しい限りです。

そんな弊社が、いつも気になっていることがあります。それが「ベビーベッドってそもそも必要なの?」という疑問を持つママが非常に多いこと。そしてその問いに対する答えが、回答者によってバラバラだということです。

皆さんも一度は、ベビーベッドの必要性について、気になったことがあるのではないでしょうか?また「レンタルがいいのか、購入した方がいいのか」についても、お悩みかも知れません。

「必要性」や「レンタル/購入のどちらがいいか?」などについては論争が止みません。そこで今回、少しこれまでとは違った視点のコラムになりますが、「ベビーベッド、いる・いらない論争に決着!?買う派の論理とは」と題して、専門家としての意見をまとめてみたいと思います。お役に立てる内容にもなっていますので、ご興味がある方はぜひ最後まで読んでみて下さい。

ベビーベッドに関する主な主張

ベビーベッドに対してブログや動画で解説をしている方たちの主張を、以下のように分類してみました。まずはこちらをご覧ください。

  • ・新品を買ったほうがいいよ派(購入派)
  • ・メルカリで買えばいいよ派(中古派)
  • ・借りればいんじゃない派(レンタル派)
  • ・安ければどっちでもいいよ派(コスパ重視派)
  • ・あると便利だよね派(利便性重視派)
  • ・寝かせたら可愛いし映えるよね派(感覚派)
  • ・ベビーベッド、そもそも不要だよ派(過激派)
  • ・状況によるよ派(穏健派または理論派)

それぞれの主張を見ていきましょう。

新品を買ったほうがいいよ派(購入派)

基本的に、ベビーベッドが必要なら購入することが一般的でしょう。最近では当サイトのようなネット販売も多くなっていますが、やはり近くのベビーアイテム販売店に行って、実際に現物を見てから購入の判断をするという方がまだまだ多いのではないかと思います。そして一度購入したことがある方は、他のママさんにも購入をおすすめすることが多いと思います。

ちなみに、購入のメリットは以下のようなものです。
・新品のベビーベッドに寝かせてあげることができる
・2人目以降に購入の手間やコストがかからない

細かい理由は様々ですが、大きく言えば以上の2つが購入の理由だと思います。確かに、「新品」というインパクトは大きいです。特に日本人は、新品へのこだわりが大きいかも知れません。お箸は「マイ箸」を使いますし、茶碗も「マイ茶碗」を使う方が多いでしょう。洗えば同じだと思いますが、自分のものを大事に使う「もったいない」文化もあります。

ですので、実際は「レンタル」や「中古品」の方がお得だったとしても、購入派がなくなることはないでしょう。

しかし、実際は以下のような理由もよく耳にします。
・「レンタル」という選択肢がなかった
・おじいちゃん(おばあちゃん)が買ってくれた

確かに、まずベビーベッドを使おうと思ったら、購入をイメージすると思います。そのまま購入してしまう人も少なからずいるでしょう。そのため、レンタルや中古などの選択肢が思い浮かばなかっただけという方は、実際は多いと思います。

また、おじいちゃんやおばあちゃんに買ってもらった、というケースも少なくありません。おじいちゃんやおばあちゃんの大半は、かわいい孫にはやっぱり新品を買ってあげたいと思うでしょう。そのため、結果としてベビーベッドを購入したというお話はよく耳にします。要するに、「コスパ重視派」などとは最初から理屈が違うのです。

メルカリで買えばいいよ派(中古派)

中古でも気にしない、という方であれば、メルカリやジモティーなどを使って中古品の購入をするのが、一番金額的にはお得です。

ただし、メーカーとしては、中古品はおすすめできません。理由としては、何よりも安全面で不安が残るためです。これは、知り合いからお下がりを譲ってもらうというケースでも同じです。

中古品をおすすめする人は、おそらくご自分の場合には問題がなかったのでしょう。しかし、どんなに丈夫に作られたベビーベッドでも、年月が経てば劣化は免れません。もし中古品を買う場合は、製造年や状態をよく確認した上で、あくまでも自己責任で購入するようにしてください。

※弊社としてはおすすめできません

・ヤマサキの品質保証

ちなみにヤマサキ製のベビーベッドは、5年間の品質保証がついています。そのため、故障した場合はもちろん無料で修理、または故障箇所を交換いたします。

※ただし、正常な使用状態での故障に限ります

借りればいんじゃない派(レンタル派)

最近では、ベビーベッドのレンタルサイトが増えてきました。実際は商品自体は同じものだという場合が多いのですが、近隣の地域では無料配送をしてくれたり、送料無料や特典が付くなど、様々なメリットを打ち出しているサイトもあります。

実際、弊社でもベビーベッドはレンタルできます。
・ヤマサキが運営する、メーカー保証のレンタルサイト

ybaby

レンタルのメリットは、使わなくなったら返すので、収納でじゃまにならないということが挙げられます。ベビーベッドは意外に大きなアイテムです。そのため、赤ちゃんがベビーベッドを卒業した後に家の中に置いておくのは、結構な場所を要します。

それほど大きな商品なのに、試用期間は半年〜1年ほどです。そのため、購入するよりもレンタルを選択される方が増えています。

デメリットとしては、新品ではないということです。しかし中古品の購入と違って、メンテナンスはプロが行っているので、安全面や衛生面では心配がいりません。特にヤマサキでは、弊社が製造したベビーベッドを貸し出ししておりますので、メンテナンスは完璧です。

またレンタル品は全て、クリーニング専門スタッフと工場のベビーベッド職人が力を合わせてメンテナンスをしています。お客様の元から戻ってきたベビーベッドは、クリーニング専門スタッフが柵の1本1本、隅々まで手作業で丁寧に洗浄、消毒を行います。そのため、レンタル品とは思えないほどキレイな商品をお届けすることができるのです。

詳しくは以下のページをご覧ください。
・ベビーベッドのメンテナンス方法

※ヤマサキでは、メーカーならではの特徴として、「新品指定」でレンタルも行っております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

安ければどっちでもいいよ派(コスパ重視派)

ここまでをまとめると、ベビーベッドを入手するには、新品の購入・中古品の購入・レンタルの3つの手段がありました。いずれの方法にも、メリットとデメリットがあることがお分かりいただけたと思います。

しかしコスパ重視派は、「安ければいい」というスタンスです。そうなると、当然「中古品の購入」が一番おすすめの方法ということになるのですが、値段だけでベビーベッドを選ぶのはやめた方がいいと思います。

先ほど、安全面や衛生面で、中古品の購入に疑問符がつくことを述べました。またコスパだけを考えると当然、新品の購入よりもレンタルの方に軍配が上がりそうです。しかしこれも短絡的な発想だと言えるでしょう。

ヤマサキとしての提案は最後に述べますが、過度な(短期的な)コスパの重視は、本当に大事なことを見失う恐れがありますので、注意してください。

あると便利だよね派(利便性重視派)

単純にベビーベッドがあった方が「便利だから」という、利便性重視派もいます。このタイプは、必ずしもコスパに振り回されることはありません。何が自分にとって、そして赤ちゃんにとって必要なのか、ということを考えて最適なベビーベッドを選びます。

例えば、里帰り出産で、実家にいる間だけ使いたいのであれば、小さなサイズをレンタルすれば事足りるでしょう。

※コンパクトサイズのベビーベッドはこちらからどうぞ

コンパクトサイズのベビーベッド

逆に2人目、3人目を計画しているなら、標準的なサイズで高機能なものを、購入されることになるかも知れません。

※標準サイズのベビーベッドはこちらからどうぞ

標準サイズのベビーベッド

「ベビーベッド」とひとくくりにして言いますが、実は色々な種類があり、またそれぞれの種類で機能が違い、メリット・デメリットもあるのです。過度なコスパ重視派よりも、実は賢いお金の使い方ができているのが、利便性重視派かも知れません。

寝かせたら可愛いし映えるよね派(感覚派)

このタイプは、とにかく「かわいい」ベビーベッドを選びます。安ければいいという基準はなく、写真映えを重視するため、どうしても「新品」を選ぶ傾向にあります。

また、ベビーベッドに絵を描いたり、色を塗るなどして、お部屋に合うようにカスタマイズする人もいます。そのような理由もあり、購入される方が多いようです。

ヤマサキでも、かわいいベビーベッドは人気があります。2020年に新色を発売しましたが、製造の手間などから通常の商品よりも割高なのにも関わらず、高い人気を誇っています。

※新色のベビーベッドはこちらからどうぞ

新色ベビーベッド

ベビーベッド、そもそも不要だよ派(過激派)

ベビーベッドが不要だという方は、一定割合でいます。実際、一人目のお子さんの場合は、ベビーベッドがなくても問題ない場合も多いのです。

ちなみに当ブログでは、弊社代表のコラムとして、以下のような記事を掲載しています。

『ベビーベッドが必要ないのはどういう時?』

しかし、「どんなケースでも不要」かというと、決してそういうわけではありません。「必ずベビーベッドが必要」なケースもあるのです。詳しくは下のコラムで説明していますが、上の子がいる場合や、室内でペットを飼っている場合、ママの体が辛い時などです。

『ベビーベッドが必要になるのはどういう時?』

ですので「ベビーベッドなんてなくてもいい」というのは、暴論なのです。

状況によるよ派(穏健派または理論派)

弊社も、基本的にこのスタンスをとっています。ベビーベッドが必要な場合もあれば、まったく必要ない場合もあります。またレンタルが向いているケースもあれば、購入の方が向いているケースもあります。実際は、ご家庭の状況によって答えは違ってくるのです。

ご自分に最適な方法が分からない、という場合は、お気軽に弊社までご相談下さい。ママと赤ちゃんにとって一番最適な方法を、スタッフがご提案いたします。

ヤマサキの主張

さいごに、メーカーとしての意見を述べたいと思います。それが「新品を買って大事に使ってほしい」ということです。

もちろん、弊社ではレンタル事業も行っていますし、レンタルのメリットもたくさんあります。金銭的にも負担が小さいですし、はじめに述べたように、収納の手間もかかりません。

さらに弊社の場合に限りますが、岡山市・倉敷市周辺の場合は、自社便のトラックがお宅までお届けにまいります。そしてご希望であれば、組み立てや解体まで全て弊社のスタッフが代行します。これらは全て無料です。

要するに、レンタルでのメリットはたくさんあるのです。実際に、ベビーベッドのレンタル市場は拡大を続けています。しかしここでは、そんな時代の流れに棹さして、あえて購入をおすすめしたいと思います。

ただのモノじゃない(思い出になる)

何よりも、ベビーベッドは思い出になります。どんな赤ちゃんでも、いずれは園児になり、学生になり、巣立っていきます。しかしどんな大人でも、みな生まれた時は赤ちゃんだったんです。

もちろん、写真やビデオでその時の様子は残るでしょう。でもベビーベッドは形が残ります。赤ちゃんだった頃の証拠が残るのです。

ベビーベッドを使っていると、はじめは新品でもすぐにシミやキズが付くでしょう。壊れることもあるかも知れません。でも、それでいいんです。

布団に比べて費用はかかりますが、それでいいんです。収納も大変です。組み立ても面倒です。大変だからこそ、手間がかかるからこそ、いいんです!

ベビーベッドに限らず、モノには長く使っていると愛着が湧きます。そして愛着の湧いたベビーベッドは、もはやただの「モノ」ではありません。お子さんが可愛い赤ちゃんだった頃の、そしてあなたが赤ちゃんのママだった頃の、大切な思い出なのです。

さきほど、「5年間の品質保証」のお話をしましたが、5年以上経っていても、お金はかかるかも知れませんが、メンテナンスは承ります。ぜひ「新品」を買って、大事に使っていただきたいと切に願います。

あなたの赤ちゃんが大人になって、赤ちゃんを授かったら、そのベビーベッドをクローゼットから出して使ってあげてください。その時ベビーベッドは、新品ではなく中古になっていますが。

まとめ

今回は、ベビーベッドに関する色々な意見を総まとめしてみましたが、いかがだったでしょうか?あなたがもし、ベビーベッドを購入(レンタル)するか悩んでいたら、きっと答えが見つかったことと思います。これまでもママさん達のお役に立てる情報を発信していますので、気になるコラムがあればぜひ読んでみて下さい。

またベビーベッドに関するお悩みであれば、どんな些細なことでも構いませんので、弊社スタッフにお気軽にお問い合わせください。