{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 086-250-0019 (平日 9:00〜17:30)

ベビーベッドのサイズの選び方

現在、一般的に市販されているベビーベッドには2つのサイズがあります。一つはレギュラーサイズ(標準サイズとも言います)と言って、ベビーベッドの内寸サイズが長さ120cm×幅70cmのベッドです。もう一つがコンパクトサイズ(ミニベッドなどとも言います)と言って、ベビーベッドの内寸サイズが長さ90cm×幅60cmのベッドです。

レギュラーサイズのベッド

レギュラーサイズのベッドとは、ベビーベッドの内寸サイズが長さ120cm×幅70cmのベッドです。なぜ120cm×70cmというサイズなのかと言うと、それは一般的な赤ちゃん用のふとんセット(ベビー布団セット)の敷きふとん(敷きマットと言う場合もあります)のサイズが長さ120cm×幅70cmだからです。ベビーベッドの内寸は、ベビー布団セットの敷きふとんがピッタリ入るサイズに合わせて設計されているので、長さ120cm×幅70cmなのです。

長期間使用するならレギュラーサイズ

赤ちゃんは、産まれたばかりの身長は50cmほどしかありません。それに対してベビーベッドの長さは120cmあるので、産婦人科から退院してすぐにベビーベッドに寝かせてあげたときは「赤ちゃんに対してベビーベッドが大きすぎる!」と思われる方がほとんどだと思います。しかし赤ちゃんは日々成長し、生後6ヶ月で64~73cm程度に大きくなり、また寝返りなど動きも活発になってくると、このレギュラーサイズでちょうど良いくらいの大きさになります。

ベビーベッドを設置しようと考えているスペースに余裕がある場合や、出来ることなら長い期間ベビーベッドを使いたいと考えられている方はレギュラーサイズのベッドがおススメです。また、ベビー布団セットの種類も、レギュラーサイズ(敷きふとんサイズ120cm×70cm)のものが一番多く、たくさんのメーカーが可愛いデザインのベビー布団を発売していますので、ベビーベッドだけではなく布団セットにもこだわりたい方はレギュラーサイズのベッドをおススメします。

コンパクトサイズのベッド

コンパクトサイズ(ミニベッドなどとも言います)のベビーベッドとは内寸サイズが長さ90cm×幅60cmのベッドです。もともとはレギュラーサイズのベッドしか市販されていなかったのですが、近年の住宅事情にあわせて、10年ほど前からコンパクトサイズのベッドが販売されるようになりました。

コンパクトサイズのベッドはレギュラーサイズのベッドと比べて長さが30cm、幅が10cm小さいのが特徴です。ベビーベッドを使いたいと考えているけど設置スペースに余裕がない(レギュラーサイズだと置けない)方や、日中はリビングでお昼寝やおむつ交換のときに使って、夜は寝室に移動させてベビーベッドに赤ちゃんを寝かせたいと考えられている方には、このコンパクトサイズのベッドがおススメです。

外寸を確認して購入して下さい

コンパクトサイズのベッドは、ベッド外寸サイズが70cm未満のものがほとんどです。一般的な日本家屋のドア幅は72~73cmなのでコンパクトサイズのベッドなら部屋から部屋への移動が出来ます。但し、一部のベッドでは外寸が70cm以上になるものもありますので、購入を検討される場合は、検討している商品の外寸サイズをよく確認されることをおススメします。